名前占い・姓名判断・名づけ 名前占いで自分探し・人探し 占いならば任せなさい!

小端 さん:「 さ 」 (1)

 名前占い > 小端 >
  
姓が小端の有名人:
みつかりませんでした。
小端 さんの名前をえらんでください。2199件あります。
次へ
小端紗亜写 (さーしゃ)小端沙亜乃 (さあの)小端沙愛美 (さあみ)
小端紗彩 (さあや)小端沙亜弥 (さあや)小端沙綾 (さあや)
小端沙彩 (さあや)小端早綾 (さあや)小端佐彩 (さあや)
小端砂絢 (さあや)小端紗亜弥 (さあや)小端早亜矢 (さあや)
小端早彩 (さあや)小端彩 (さい)小端哉 (さい)
小端沙衣 (さい)小端才一 (さいいち)小端佐一郎 (さいいちろう)
小端柴栄 (さいえい)小端幸郎 (さいお)小端彩夏 (さいか)
ランダムメモ: 姓名判断のみで、すべてがわかるわけではありません。生年月日からわかる個性と、環境によってつくられる性質がかかわってくるからです。それでもやはり、姓名に現れたいろいろな暗示が当たる確率は大変高いのです。
小端彩花 (さいか)小端彩華 (さいか)小端採歌 (さいか)
小端菜香 (さいか)小端彩香 (さいか)小端彩花 (さいか)
小端彩伽 (さいか)小端才香 (さいか)小端咲依花 (さいか)
小端紗衣香 (さいか)小端才吉 (さいきち)小端蔡京 (さいけい)
小端さいこ (さいこ)小端さい子 (さいこ)小端佐伊子 (さいこ)
小端哉香 (さいこ)小端宰子 (さいこ)小端彩湖 (さいこ)
小端彩子 (さいこ)小端才子 (さいこ)小端採子 (さいこ)
ランダムメモ: 明治末期から大正にかけて名を成した画家で、小室翠雲という人がいましたが、「スイウン」の発音が衰運に通じるた心、縁起をかつぐ人や投機家は翠雲画伯の絵を敬遠しました。一方、同時代の寺崎広業画伯は業を広める″とは縁起がよいとばかり、だれにでも喜ばれました。
小端歳子 (さいこ)小端采子 (さいこ)小端祭子 (さいこ)
小端斎子 (さいこ)小端細子 (さいこ)小端菜子 (さいこ)
小端西子 (さいこ)小端斉子 (さいこ)小端佐伊子 (さいこ)
小端才子 (さいこ)小端彩子 (さいこ)小端採子 (さいこ)
小端采子 (さいこ)小端西光 (さいこう)小端齋江 (さいごう)
小端才志郎 (さいしろう)小端崔治 (さいじ)小端西浄 (さいじよう)
小端才介 (さいすけ)小端彩星 (さいせい)小端才蔵 (さいぞう)
ランダムメモ: スミス(鍛冶屋)、カーター(大工)、ミラー(粉屋)等は、職業が苗字になったものです。
小端犀大 (さいた)小端祭太 (さいた)小端才太郎 (さいたろう)
小端佐一 (さいち)小端佐市 (さいち)小端佐一郎 (さいちろう)
小端才治 (さいぢ)小端彩斗 (さいと)小端才統 (さいと)
小端彩音 (さいのん)小端才七 (さいひち)小端才摩 (さいま)
小端斎馬 (さいま)小端細美 (さいみ)小端細美 (さいみ)
小端才美 (さいみ)小端才門 (さいもん)小端歳門 (さいもん)
小端彩吏 (さいり)小端采莉 (さいり)小端蔡倫 (さいりん)
ランダムメモ: 個人的には、漢字の字形による姓名判断があっても良いのではないかと考えています。ただ、そのような手法は今日、あまり一般的ではないようです。
小端砂羽 (さう)小端佐内 (さうち)小端紗英 (さえ)
小端さえ (さえ)小端さゑ (さえ)小端さ江 (さえ)
小端サエ (さえ)小端佐絵 (さえ)小端佐恵 (さえ)
小端佐江 (さえ)小端佐枝 (さえ)小端左枝 (さえ)
小端沙映 (さえ)小端沙英 (さえ)小端沙詠 (さえ)
小端沙絵 (さえ)小端沙恵 (さえ)小端沙江 (さえ)
小端沙枝 (さえ)小端砂絵 (さえ)小端砂恵 (さえ)
ランダムメモ: 総格が「22」の人は中年期の成功も持続しません。みえっぱりで、はったりをきかせるのが得意ですが、うまくいきそうでいかないという凶運を持っています。破産や思いがけない病気、事故などにあいやすく、とくに年をとってからの運が下降します。犯罪に巻き込まれる暗示もあるので、対人関係には十分気をつけてください。十分に気をつけることにより運命は変えることができるのです。
小端砂枝 (さえ)小端彩絵 (さえ)小端彩恵 (さえ)
小端冴 (さえ)小端冴映 (さえ)小端冴瑛 (さえ)
小端冴絵 (さえ)小端紗衣 (さえ)小端紗英 (さえ)
小端紗絵 (さえ)小端紗恵 (さえ)小端紗江 (さえ)
小端紗枝 (さえ)小端小絵 (さえ)小端小恵 (さえ)
小端小枝 (さえ)小端早映 (さえ)小端早絵 (さえ)
小端早恵 (さえ)小端早江 (さえ)小端早枝 (さえ)
ランダムメモ: 私たちは、初対面の人にはまず自分の姓名を名のります。名刺を出すこともあります。電話をかけるときもまず自分の姓名を伝えます。そのときに、耳で聞いてすぐわかる名前、目で見てすぐ読める名前がよい名前です。そして、名前はその人を象徴するものですから、名前を聞いたり見たりするだけでその人のイメージがつくられるといってもいいすぎではありません。とすれば、よい名前とは、だれからも好感をもたれ、親しまれる名前ということになります。
小端茶絵 (さえ)小端佐江 (さえ)小端早絵 (さえ)
小端小絵 (さえ)小端紗絵 (さえ)小端砂絵 (さえ)
小端沙絵 (さえ)小端佐絵 (さえ)小端小枝 (さえ)
小端砂枝 (さえ)小端左枝 (さえ)小端早枝 (さえ)
小端紗枝 (さえ)小端沙枝 (さえ)小端佐枝 (さえ)
小端紗江 (さえ)小端沙江 (さえ)小端さ江 (さえ)
小端紗恵 (さえ)小端砂恵 (さえ)小端沙恵 (さえ)
ランダムメモ: 総格が「22」の人は中年期の成功も持続しません。みえっぱりで、はったりをきかせるのが得意ですが、うまくいきそうでいかないという凶運を持っています。破産や思いがけない病気、事故などにあいやすく、とくに年をとってからの運が下降します。犯罪に巻き込まれる暗示もあるので、対人関係には十分気をつけてください。十分に気をつけることにより運命は変えることができるのです。
小端早恵 (さえ)小端佐恵 (さえ)小端沙英 (さえ)
小端彩栄 (さえ)小端咲笑 (さえ)小端冴香 (さえか)
小端冴夏 (さえか)小端紗永佳 (さえか)小端早映香 (さえか)
小端佐易 (さえき)小端冴樹 (さえき)小端咲恵貴 (さえき)
小端早瑛希 (さえき)小端さえこ (さえこ)小端さえ子 (さえこ)
小端さへ子 (さえこ)小端さ江子 (さえこ)小端サエ子 (さえこ)
小端佐栄子 (さえこ)小端佐絵子 (さえこ)小端佐恵子 (さえこ)
ランダムメモ: 姓名判断の祖、熊崎健翁についてはこちら→熊崎健翁について
小端佐江子 (さえこ)小端佐枝子 (さえこ)小端左衛子 (さえこ)
小端左絵子 (さえこ)小端左恵子 (さえこ)小端査恵子 (さえこ)
小端沙絵子 (さえこ)小端沙恵子 (さえこ)小端沙江子 (さえこ)
小端沙枝子 (さえこ)小端砂絵子 (さえこ)小端砂恵子 (さえこ)
小端砂枝子 (さえこ)小端彩子 (さえこ)小端才重子 (さえこ)
小端冴湖 (さえこ)小端冴子 (さえこ)小端三枝子 (さえこ)
小端紗映子 (さえこ)小端紗絵子 (さえこ)小端紗恵子 (さえこ)
ランダムメモ: 陰陽配合は、姓名のすべての漢字が偶数のみまたは奇数のみの場合で、多くの流派で凶とされます。
小端紗江子 (さえこ)小端紗子 (さえこ)小端紗枝子 (さえこ)
小端小恵子 (さえこ)小端小枝子 (さえこ)小端早江子 (さえこ)
小端茶恵子 (さえこ)小端朗子 (さえこ)小端小枝子 (さえこ)
小端三枝子 (さえこ)小端才重子 (さえこ)小端さえ子 (さえこ)
小端佐恵子 (さえこ)小端佐栄子 (さえこ)小端早恵子 (さえこ)
小端小恵子 (さえこ)小端小絵子 (さえこ)小端紗恵子 (さえこ)
小端左衛子 (さえこ)小端佐枝子 (さえこ)小端佐江子 (さえこ)
ランダムメモ: 画数に「11」をもつ人は、鋭い観察眼を持ち、すぐれた行動力で前向きに仕事に取り組み、良きアドバイザーや知人にも恵まれます。自由業やジャーナリストなどに向いています。
小端紗枝子 (さえこ)小端紗江子 (さえこ)小端紗絵子 (さえこ)
小端沙枝子 (さえこ)小端沙江子 (さえこ)小端沙恵子 (さえこ)
小端沙絵子 (さえこ)小端佐絵子 (さえこ)小端サエ子 (さえこ)
小端さ江子 (さえこ)小端紗詠子 (さえこ)小端冴太 (さえた)
小端作栄汰 (さえた)小端冴仁 (さえと)小端作永士 (さえと)
小端佐栄宗 (さえとき)小端冴時 (さえとき)小端冴衛知 (さえとも)
小端沙英奈 (さえな)小端紗衣菜 (さえな)小端佐英美 (さえみ)
ランダムメモ: 伊藤さんの姓名判断はこちら→伊藤
小端三絵美 (さえみ)小端三絵美 (さえみ)小端佐枝美 (さえみ)
小端冴海 (さえみ)小端紗枝美 (さえみ)小端小永美 (さえみ)
小端さえら (さえら)小端紗江良 (さえら)小端さえり (さえり)
小端沙恵理 (さえり)小端冴里 (さえり)小端小衣里 (さえり)
小端冴梨 (さえり)小端咲枝里 (さえり)小端紗英里 (さえり)
小端紗緒 (さお)小端紗緒 (さお)小端沙緒 (さお)
小端紗乙 (さお)小端早荻 (さおぎ)小端早穂子 (さおこ)
ランダムメモ: サイヤ人は「野菜」の逆読みから来ています。カカロットはキャロット、ベジータはベジタブル、ラディッツはラディッシュ、ナッパは菜っ葉が由来です。
小端早穂子 (さおこ)小端沙織 (さおり)小端さおり (さおり)
小端さおり (さおり)小端さをり (さおり)小端サオリ (さおり)
小端幸織 (さおり)小端更織 (さおり)小端佐緒理 (さおり)
小端佐緒里 (さおり)小端佐緒莉 (さおり)小端佐織 (さおり)
小端佐保里 (さおり)小端佐穂里 (さおり)小端左織 (さおり)
小端沙央理 (さおり)小端沙央里 (さおり)小端沙緒理 (さおり)
小端沙緒里 (さおり)小端沙緒莉 (さおり)小端沙織 (さおり)
ランダムメモ: 江戸時代までは、武士以上の身分の人か、一部の豪商や名主しか正式に苗字を名のることはできませんでした。
小端沙織里 (さおり)小端砂央里 (さおり)小端砂緒里 (さおり)
小端砂織 (さおり)小端彩織 (さおり)小端咲央里 (さおり)
小端咲桜里 (さおり)小端咲織 (さおり)小端紗央璃 (さおり)
小端紗央里 (さおり)小端紗緒梨 (さおり)小端紗緒理 (さおり)
小端紗緒里 (さおり)小端紗緒莉 (さおり)小端紗織 (さおり)
小端小緒里 (さおり)小端小織 (さおり)小端小百里 (さおり)
小端抄織 (さおり)小端早央里 (さおり)小端早緒莉 (さおり)
ランダムメモ: 渡辺さんの姓名判断はこちら→渡辺
小端早小里 (さおり)小端早織 (さおり)小端早麻理 (さおり)
小端里織 (さおり)小端早織 (さおり)小端砂織 (さおり)
小端紗緒莉 (さおり)小端沙緒莉 (さおり)小端佐緒莉 (さおり)
小端沙織里 (さおり)小端里織 (さおり)小端早央里 (さおり)
小端小織 (さおり)小端小緒里 (さおり)小端紗織 (さおり)
小端紗緒里 (さおり)小端紗緒理 (さおり)小端沙緒里 (さおり)
小端沙緒理 (さおり)小端沙央里 (さおり)小端左織 (さおり)
ランダムメモ: 江戸時代までは、武士以上の身分の人か、一部の豪商や名主しか正式に苗字を名のることはできませんでした。
小端佐緒理 (さおり)小端沙於里 (さおり)小端小桜梨 (さおり)
小端早緒理 (さおり)小端さかえ (さかえ)小端さかゑ (さかえ)
小端サカヱ (さかえ)小端栄 (さかえ)小端栄絵 (さかえ)
小端栄恵 (さかえ)小端栄枝 (さかえ)小端秀 (さかえ)
小端潤 (さかえ)小端昌 (さかえ)小端富 (さかえ)
小端復 (さかえ)小端榮 (さかえ)小端榮絵 (さかえ)
小端さか江 (さかえ)小端栄枝 (さかえ)小端さかゑ (さかえ)
ランダムメモ: 数字のみで姓名ができている人として「一 一一(はじめ かずひと)」「一二三 四五六(ひふみ よごろく)」「百百 百百(どど ももひゃく)」という人が実在したそうです。
小端栄絵 (さかえ)小端栄恵 (さかえ)小端栄衛 (さかえ)
小端佐香恵 (さかえ)小端潤恵 (さかえ)小端咲輝 (さかき)
小端榊樹 (さかき)小端坂子 (さかこ)小端阪子 (さかこ)
小端酒子 (さかこ)小端坂子 (さかこ)小端佐香菜 (さかな)
小端祥久 (さかひさ)小端酒依 (さかより)小端偉 (さかん)
小端瑳峨 (さが)小端祥子 (さがこ)小端祥子 (さがこ)
小端さがの (さがの)小端咲希 (さき)小端咲 (さき)
ランダムメモ: 外格は、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢をあらわします。
小端紗希 (さき)小端沙希 (さき)小端早紀 (さき)
小端紗季 (さき)小端沙紀 (さき)小端咲季 (さき)
小端早希 (さき)小端彩希 (さき)小端沙樹 (さき)
小端さき (さき)小端サキ (さき)小端幸紀 (さき)
小端幸貴 (さき)小端幸妃 (さき)小端佐希 (さき)
小端佐季 (さき)小端佐紀 (さき)小端佐貴 (さき)
小端沙喜 (さき)小端沙希 (さき)小端沙季 (さき)
ランダムメモ: 中村さんの姓名判断はこちら→中村
小端沙紀 (さき)小端沙貴 (さき)小端沙輝 (さき)
小端沙樹 (さき)小端沙生 (さき)小端沙姫 (さき)
小端沙綺 (さき)小端砂樹 (さき)小端砂城 (さき)
小端彩希 (さき)小端彩紀 (さき)小端咲 (さき)
小端咲希 (さき)小端咲季 (さき)小端咲紀 (さき)
小端咲綺 (さき)小端紗希 (さき)小端紗季 (さき)
小端紗紀 (さき)小端紗貴 (さき)小端紗樹 (さき)
ランダムメモ: 地格が吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富むでしょう。
小端紗妃 (さき)小端小紀 (さき)小端早 (さき)
小端早喜 (さき)小端早希 (さき)小端早季 (さき)
小端早紀 (さき)小端早記 (さき)小端早貴 (さき)
小端早樹 (さき)小端さき (さき)小端早綺 (さき)
小端早樹 (さき)小端小紀 (さき)小端紗綺 (さき)
小端紗樹 (さき)小端咲綺 (さき)小端沙綺 (さき)
小端早記 (さき)小端早喜 (さき)小端紗貴 (さき)
ランダムメモ: 今井麻衣さんという人がいたら、その名前はなんと逆さまから読んでも同じですよ!!
小端紗紀 (さき)小端沙姫 (さき)小端沙貴 (さき)
小端沙季 (さき)小端沙喜 (さき)小端佐貴 (さき)
小端佐紀 (さき)小端佐季 (さき)小端佐希 (さき)
小端咲貴 (さき)小端咲樹 (さき)小端彩季 (さき)
小端彩貴 (さき)小端咲嬉 (さき)小端咲妃 (さき)
小端早葵 (さき)小端早姫 (さき)小端さき江 (さきえ)
小端佐紀江 (さきえ)小端沙希絵 (さきえ)小端沙希恵 (さきえ)
ランダムメモ: 画数に「6」をもつ人は大業を成して、地位を得る数です。財運もありますので、家庭も安泰でしょう。ただ、運のよさにあぐらをかいて横着者にならないように。地域のため、人のために働くことで、充実した人生を歩む人です。ソーシャルワーカー、カウンセラーなどに向いています。
小端沙希重 (さきえ)小端沙紀絵 (さきえ)小端沙貴恵 (さきえ)
小端砂樹恵 (さきえ)小端咲絵 (さきえ)小端咲恵 (さきえ)
小端咲江 (さきえ)小端咲枝 (さきえ)小端咲重 (さきえ)
小端紗希絵 (さきえ)小端紗希恵 (さきえ)小端紗貴恵 (さきえ)
小端紗樹恵 (さきえ)小端早木恵 (さきえ)小端サキ江 (さきえ)
小端咲枝 (さきえ)小端さき江 (さきえ)小端咲江 (さきえ)
小端紗希絵 (さきえ)小端沙希絵 (さきえ)小端佐紀江 (さきえ)
ランダムメモ: 吉田さんの姓名判断はこちら→吉田
小端紗貴恵 (さきえ)小端紗希恵 (さきえ)小端沙貴恵 (さきえ)
小端沙希恵 (さきえ)小端咲恵 (さきえ)小端紗希江 (さきえ)
小端早紀恵 (さきえ)小端先雄 (さきお)小端咲雄 (さきお)
小端咲花 (さきか)小端咲香 (さきか)小端沙希香 (さきか)
小端紗貴佳 (さきか)小端紗掬 (さきく)小端咲子 (さきこ)
小端さき子 (さきこ)小端サキ子 (さきこ)小端勤子 (さきこ)
小端肯子 (さきこ)小端佐喜子 (さきこ)小端佐希子 (さきこ)
ランダムメモ: 名前は人生において何万回と書かれ、呼ばれるものです。生まれてくる命には、良い名前をつけてあげたいですよね。
小端佐季子 (さきこ)小端佐紀胡 (さきこ)小端佐紀子 (さきこ)
小端佐記子 (さきこ)小端佐貴子 (さきこ)小端佐起子 (さきこ)
小端左喜子 (さきこ)小端左希子 (さきこ)小端左起子 (さきこ)
小端沙希子 (さきこ)小端沙季子 (さきこ)小端沙紀子 (さきこ)
小端沙貴子 (さきこ)小端沙己子 (さきこ)小端沙樹子 (さきこ)
小端砂喜子 (さきこ)小端砂紀子 (さきこ)小端咲喜子 (さきこ)
小端咲子 (さきこ)小端埼子 (さきこ)小端碕子 (さきこ)
ランダムメモ: 鈴木さんの姓名判断はこちら→鈴木
小端三喜子 (さきこ)小端紗希子 (さきこ)小端紗季子 (さきこ)
小端紗紀子 (さきこ)小端紗貴子 (さきこ)小端紗己子 (さきこ)
小端小喜子 (さきこ)小端先子 (さきこ)小端前子 (さきこ)
小端早希子 (さきこ)小端早季子 (さきこ)小端早紀子 (さきこ)
小端早木子 (さきこ)小端佐紀子 (さきこ)小端先子 (さきこ)
小端佐貴子 (さきこ)小端さき子 (さきこ)小端早紀子 (さきこ)
小端早季子 (さきこ)小端早希子 (さきこ)小端紗貴子 (さきこ)
ランダムメモ: 木村さんの姓名判断はこちら→木村
小端紗紀子 (さきこ)小端紗季子 (さきこ)小端紗希子 (さきこ)
小端沙樹子 (さきこ)小端沙己子 (さきこ)小端沙貴子 (さきこ)
小端沙紀子 (さきこ)小端沙季子 (さきこ)小端沙希子 (さきこ)
小端左喜子 (さきこ)小端佐季子 (さきこ)小端佐希子 (さきこ)
小端サキ子 (さきこ)小端崎子 (さきこ)小端勤子 (さきこ)
小端左紀子 (さきこ)小端咲喜子 (さきこ)小端咲季子 (さきこ)
小端爽季子 (さきこ)小端咲太 (さきた)小端左吉 (さきち)
ランダムメモ: 中村さんの姓名判断はこちら→中村
小端佐吉 (さきち)小端咲樹人 (さきと)小端祥都 (さきと)
小端咲菜 (さきな)小端咲奈 (さきな)小端沙希那 (さきな)
小端咲季奈 (さきな)小端咲南 (さきな)小端早季菜 (さきな)
小端咲音 (さきね)小端爽希音 (さきね)小端咲乃 (さきの)
小端咲野 (さきの)小端早紀乃 (さきの)小端佐希野 (さきの)
小端咲羽 (さきは)小端早妃葉 (さきは)小端沙紀帆 (さきほ)
小端沙樹穂 (さきほ)小端咲穂 (さきほ)小端沙希帆 (さきほ)
ランダムメモ: 画数に「16」をもつ人は目上の人からかわいがられ、後援なども得て発展していく良い運です。周囲の人や友人・知人が、あなたの運勢のキーパーソンであるといえます。平凡な人には興昧を示しません。非凡な才能を持った人や実力者などとの交際を通して、何かを吸収し、自分にプラスとなる生き方をします。
小端沙紀美 (さきみ)小端咲美 (さきみ)小端埼美 (さきみ)
小端咲美 (さきみ)小端早季美 (さきみ)小端咲弥 (さきや)
小端咲哉 (さきや)小端早紀也 (さきや)小端左京 (さきょう)
小端作響 (さきょう)小端咲余 (さきよ)小端咲世 (さきよ)
小端さぎり (さぎり)小端狭霧 (さぎり)小端沙霧 (さぎり)
小端紗季理 (さぎり)小端紗霧 (さぎり)小端沙霧 (さぎり)
小端早霧 (さぎり)小端朔 (さく)小端佐久 (さく)
ランダムメモ: 中村さんの姓名判断はこちら→中村
小端紗来 (さく)小端咲紅 (さく)小端小紅 (さく)
小端作市 (さくいち)小端沙玖絵 (さくえ)小端咲恵 (さくえ)
小端作江 (さくえ)小端作衛 (さくえ)小端佐久雄 (さくお)
小端策雄 (さくお)小端作雄 (さくお)小端朔男 (さくお)
小端作夫 (さくお)小端さく子 (さくこ)小端サク子 (さくこ)
小端佐久子 (さくこ)小端佐玖子 (さくこ)小端佐矩子 (さくこ)
小端佐公子 (さくこ)小端左久子 (さくこ)小端咲子 (さくこ)
ランダムメモ: 鈴木さんの姓名判断はこちら→鈴木
小端作子 (さくこ)小端三貢子 (さくこ)小端咲子 (さくこ)
小端さく子 (さくこ)小端三貢子 (さくこ)小端作子 (さくこ)
小端左久子 (さくこ)小端佐矩子 (さくこ)小端佐久子 (さくこ)
小端サク子 (さくこ)小端佐公子 (さくこ)小端作司 (さくじ)
小端朔二 (さくじ)小端作二 (さくじ)小端作次 (さくじ)
小端朔治 (さくじ)小端作治 (さくじ)小端作嗣 (さくじ)
小端作次郎 (さくじろう)小端朔太郎 (さくたろう)小端作太郎 (さくたろう)
ランダムメモ: 画数に「16」をもつ人は吉運が強いために、他人から態度が大きいとか生意気だとか、ねたみそねみを受けることもあります。しかし、元来リーダー的資質が備わっているので、人から頼りにされてめんどうをみる場面も多く、気配りが繊細で重宝がられます。晩年は金運にも恵まれ、子孫に囲まれて幸せな生活を送るでしょう。
小端策太郎 (さくたろう)小端策伝 (さくでん)小端作斗 (さくと)
小端朔斗 (さくと)小端朔之介 (さくのすけ)小端咲羽 (さくは)
小端紗玖葉 (さくは)小端朔彦 (さくひこ)小端咲平 (さくへい)
小端朔摩 (さくま)小端早駆馬 (さくま)小端幸久美 (さくみ)
小端佐久美 (さくみ)小端沙久実 (さくみ)小端沙久美 (さくみ)
小端咲美 (さくみ)小端作美 (さくみ)小端朔実 (さくみ)
小端朔美 (さくみ)小端早玖美 (さくみ)小端佐久美 (さくみ)
ランダムメモ:  B型男性は根本的には浮気性。何ごとにも移り 気なその気質が、こと女性となるととくにでやす くなります。また愛想がいいので、とりたてて口 説くつもりはなかったが、相手の女性と恋愛関係 におちいってしまうケースもあります。
小端作美 (さくみ)小端朔美 (さくみ)小端朔実 (さくみ)
小端佐久実 (さくみ)小端咲実 (さくみ)小端作空巳 (さくみ)
小端咲未 (さくみ)小端さくも (さくも)小端朔也 (さくや)
小端朔弥 (さくや)小端咲也 (さくや)小端咲夜 (さくや)
小端咲耶 (さくや)小端咲弥 (さくや)小端佐久也 (さくや)
小端さくら (さくら)小端桜 (さくら)小端咲来 (さくら)
小端咲良 (さくら)小端櫻 (さくら)小端さくら (さくら)
ランダムメモ: 数字のみで姓名ができている人として「一 一一(はじめ かずひと)」「一二三 四五六(ひふみ よごろく)」「百百 百百(どど ももひゃく)」という人が実在したそうです。
小端さ久ら (さくら)小端サクラ (さくら)小端咲良 (さくら)
小端桜 (さくら)小端桜花 (さくら)小端櫻 (さくら)
小端咲楽 (さくら)小端沙久良 (さくら)小端作楽 (さくら)
小端桜子 (さくらこ)小端さくらこ (さくらこ)小端桜湖 (さくらこ)
小端桜子 (さくらこ)小端櫻子 (さくらこ)小端櫻子 (さくらこ)
小端作郎 (さくろう)小端策郎 (さくろう)小端鮭延 (さけのぶ)
小端佐子 (さこ)小端左古 (さこ)小端作古 (さこ)
ランダムメモ: 個人的には、漢字の字形による姓名判断があっても良いのではないかと考えています。ただ、そのような手法は今日、あまり一般的ではないようです。
小端早虹 (さこ)小端左近 (さこん)小端紗近 (さこん)
小端茶近 (さこん)小端左近司 (さこんじ)小端ササ (ささ)
小端細江 (ささえ)小端佐々子 (ささこ)小端笹子 (ささこ)
小端篠子 (ささこ)小端紗々子 (ささこ)小端佐々子 (ささご)
小端彩々祢 (ささね)小端咲々音 (ささね)小端砂沙美 (ささみ)
小端砂沙美 (ささみ)小端ササラ (ささら)小端紗更 (ささら)
小端サザエ (さざえ)小端佐三江 (さざえ)小端さざれ (さざれ)
ランダムメモ: 人格が人間の内面を表象する数であるのに対し、地格は「他人に対する自分の印象」を表す数です。
小端佐二 (さじ)小端佐十郎 (さじゅうろう)小端佐次郎 (さじろう)
小端流石 (さすが)小端佐寿雅 (さすが)小端佐助 (さすけ)
小端佐介 (さすけ)小端紗助 (さすけ)小端佐輔 (さすけ)
小端冴祐 (さすけ)小端沙寿香 (さずか)小端教授 (さずく)
小端佐主駈 (さずく)小端授 (さずく)小端支 (さそお)
小端左三 (さぞう)小端サタ (さた)小端砂多 (さた)
小端佐太郎 (さたろう)小端さだ (さだ)小端サダ (さだ)
ランダムメモ: 人格が「25」の人は自立心旺盛な人。他人からのアドバイスがなくても、自分なりのものさしで決断する実力派。行動力も手腕も相当なもので、事業を興しても成功します。
小端紗那 (さだ)小端貞 (さだ)小端定 (さだ)
小端貞 (さだ)小端禎 (さだ)小端貞明 (さだあき)
小端禎章 (さだあき)小端定明 (さだあき)小端定昭 (さだあき)
小端定秋 (さだあき)小端貞章 (さだあき)小端定市 (さだいち)
小端禎一 (さだいち)小端貞恵 (さだえ)小端貞江 (さだえ)
小端貞枝 (さだえ)小端定江 (さだえ)小端定枝 (さだえ)
小端定枝 (さだえ)小端定江 (さだえ)小端完江 (さだえ)
ランダムメモ: 熊野大社の神官は、中世に「穂積」が「すすき」とよばれるようになると「鈴木」を名前にしました。熊野大社の分社を祭る武士は、自分の名前を鈴木に改め支配下の農民に自分と同じ名前を与えました。これが「鈴木」姓のはじまりです。
小端定男 (さだお)小端禎男 (さだお)小端貞朗 (さだお)
小端貞郎 (さだお)小端定生 (さだお)小端貞生 (さだお)
小端佐田夫 (さだお)小端貞夫 (さだお)小端貞雄 (さだお)
小端貞男 (さだお)小端定夫 (さだお)小端定雄 (さだお)
小端節雄 (さだお)小端貞臣 (さだおみ)小端定臣 (さだおみ)
小端貞佳 (さだか)小端貞香 (さだか)小端定香 (さだか)
小端貞香 (さだか)小端貞和 (さだかず)小端定和 (さだかず)
ランダムメモ: 日本では、姓名による吉凶の判断は、西暦一七〇〇年代から行われていたと伝えられています。
小端定一 (さだかず)小端貞一 (さだかず)小端覚和 (さだかず)
小端貞勝 (さだかつ)小端定吉 (さだきち)小端さだ子 (さだこ)
小端サダコ (さだこ)小端サダ子 (さだこ)小端究子 (さだこ)
小端錠子 (さだこ)小端節子 (さだこ)小端偵子 (さだこ)
小端貞子 (さだこ)小端定子 (さだこ)小端禎子 (さだこ)
小端晏胡 (さだこ)小端貞子 (さだこ)小端定子 (さだこ)
小端錠子 (さだこ)小端サダ子 (さだこ)小端節子 (さだこ)
ランダムメモ: 数字のみで姓名ができている人として「一 一一(はじめ かずひと)」「一二三 四五六(ひふみ よごろく)」「百百 百百(どど ももひゃく)」という人が実在したそうです。
小端さだ子 (さだこ)小端禎子 (さだこ)小端貞司 (さだし)
小端貞志 (さだし)小端貞茂 (さだしげ)小端貞司 (さだじ)
小端貞次 (さだじ)小端定二 (さだじ)小端貞ニ (さだじ)
小端定次 (さだじ)小端定司 (さだじ)小端貞二 (さだじ)
小端定次郎 (さだじろう)小端定二郎 (さだじろう)小端貞次郎 (さだじろう)
小端定助 (さだすけ)小端貞純 (さだずみ)小端定孝 (さだたか)
小端貞親 (さだちか)小端定嗣 (さだつぐ)小端定常 (さだつね)
ランダムメモ: 大化の改新(六四五年)を経て奈良時代・平安時代には、中国の唐にならって中央集権的な律令制度がしかれるようになりました。その中で天武天皇は、豪族を統制するために、姓を次のように順位づけて、「八色の姓」の制度として整備したのです。
小端定人 (さだと)小端貞人 (さだと)小端貞登 (さだと)
小端貞時 (さだとき)小端定利 (さだとし)小端定俊 (さだとし)
小端禎敏 (さだとし)小端貞俊 (さだとし)小端貞信 (さだのぶ)
小端定信 (さだのぶ)小端貞延 (さだのぶ)小端定伸 (さだのぶ)
小端貞徳 (さだのり)小端貞憲 (さだのり)小端禎徳 (さだのり)
小端禎則 (さだのり)小端定範 (さだのり)小端定徳 (さだのり)
小端定規 (さだのり)小端定紀 (さだのり)小端貞典 (さだのり)
ランダムメモ: 画数に「13」をもつ人は意欲・アイデアともにすぐれ、自分の才能を生かそうと、早くからチャンスを求めます。エンジニア、各種デザイナー、タレントなどを目指すとよいでしょう。
小端貞則 (さだのり)小端貞治 (さだはる)小端貞芳 (さだはる)
小端定晴 (さだはる)小端定春 (さだはる)小端定治 (さだはる)
小端貞晴 (さだはる)小端貞春 (さだはる)小端貞彦 (さだひこ)
小端定彦 (さだひこ)小端貞久 (さだひさ)小端貞長 (さだひさ)
小端定宏 (さだひろ)小端貞寛 (さだひろ)小端貞裕 (さだひろ)
小端禎浩 (さだひろ)小端貞文 (さだふみ)小端定平 (さだへい)
小端貞昌 (さだまさ)小端定昌 (さだまさ)小端定正 (さだまさ)
ランダムメモ: 葉月里緒菜という女優さんがいらっしゃいますよね。「胃潰瘍も治り 傷はいい葉月里緒菜 もう良いかい」は回文となっているそうです。よくこんな回文を思いつく人がいらっしゃるもんですね!尊敬致します。リンク
小端貞政 (さだまさ)小端貞美 (さだみ)小端貞美 (さだみ)
小端貞己 (さだみ)小端貞道 (さだみち)小端定 (さだむ)
小端定 (さだめ)小端貞盛 (さだもり)小端貞也 (さだや)
小端定保 (さだやす)小端貞行 (さだゆき)小端貞志 (さだゆき)
小端貞之 (さだゆき)小端定行 (さだゆき)小端禎之 (さだゆき)
小端定祐 (さだゆき)小端貞幸 (さだゆき)小端定幸 (さだゆき)
小端貞世 (さだよ)小端貞代 (さだよ)小端定世 (さだよ)
ランダムメモ: 1から9までの1桁の数を。単数”といいます。単数には、それぞれ個性があり、陰と陽に分かれます。
小端定代 (さだよ)小端禎代 (さだよ)小端貞代 (さだよ)
小端定代 (さだよ)小端定世 (さだよ)小端定義 (さだよし)
小端定好 (さだよし)小端貞良 (さだよし)小端定由 (さだよし)
小端貞吉 (さだよし)小端貞善 (さだよし)小端貞芳 (さだよし)
小端定男 (さだを)小端幸 (さち)小端さち (さち)
小端サチ (さち)小端幸 (さち)小端幸智 (さち)
小端佐千 (さち)小端佐知 (さち)小端佐智 (さち)
ランダムメモ: 渡辺さんの姓名判断はこちら→渡辺
小端左知 (さち)小端左智 (さち)小端沙知 (さち)
小端沙智 (さち)小端砂智 (さち)小端咲千 (さち)
小端咲知 (さち)小端咲智 (さち)小端祥 (さち)
小端早千 (さち)小端早知 (さち)小端早智 (さち)
小端早智 (さち)小端紗智 (さち)小端紗知 (さち)
小端沙智 (さち)小端沙知 (さち)小端佐智 (さち)
小端佐知 (さち)小端幸智 (さち)小端咲智 (さち)
ランダムメモ: 名前に使用しても良い漢字を定める法律は存在します。しかし、名前の読みを定める法律は存在しません。基本的には読みは自由に決めて良いと言えます。
小端佐千 (さち)小端冴知 (さち)小端さちあ (さちあ)
小端さちえ (さちえ)小端さち恵 (さちえ)小端サチエ (さちえ)
小端倖絵 (さちえ)小端倖恵 (さちえ)小端倖江 (さちえ)
小端幸映 (さちえ)小端幸栄 (さちえ)小端幸絵 (さちえ)
小端幸恵 (さちえ)小端幸江 (さちえ)小端幸枝 (さちえ)
小端幸重 (さちえ)小端幸惠 (さちえ)小端佐千恵 (さちえ)
小端佐知絵 (さちえ)小端佐知恵 (さちえ)小端佐知江 (さちえ)
ランダムメモ: 福沢諭吉について占ってみました→コラム:福沢諭吉
小端佐知枝 (さちえ)小端佐智絵 (さちえ)小端佐智恵 (さちえ)
小端佐智江 (さちえ)小端佐智枝 (さちえ)小端沙千恵 (さちえ)
小端沙知絵 (さちえ)小端砂千恵 (さちえ)小端祥絵 (さちえ)
小端祥恵 (さちえ)小端祥江 (さちえ)小端祥枝 (さちえ)
小端早千江 (さちえ)小端早千重 (さちえ)小端祐恵 (さちえ)
小端玲恵 (さちえ)小端佐千恵 (さちえ)小端祥江 (さちえ)
小端幸恵 (さちえ)小端幸江 (さちえ)小端幸枝 (さちえ)
ランダムメモ: 小池慶子さんという人がいたとすると、その人は逆さまから読んでも同じです!!!
小端佐智絵 (さちえ)小端佐知絵 (さちえ)小端倖絵 (さちえ)
小端幸絵 (さちえ)小端佐智枝 (さちえ)小端佐知枝 (さちえ)
小端佐智江 (さちえ)小端佐知江 (さちえ)小端倖江 (さちえ)
小端砂千恵 (さちえ)小端沙千恵 (さちえ)小端佐智恵 (さちえ)
小端佐知恵 (さちえ)小端倖恵 (さちえ)小端祐恵 (さちえ)
小端幸笑 (さちえ)小端幸緒 (さちお)小端祥央 (さちお)
小端祥緒 (さちお)小端幸生 (さちお)小端幸男 (さちお)
ランダムメモ: 人名用漢字許容字体表により、人名に使用しても良い字体が定められています。
小端幸夫 (さちお)小端幸雄 (さちお)小端幸郎 (さちお)
小端佐千雄 (さちお)小端佐知夫 (さちお)小端祥男 (さちお)
小端佐智雄 (さちお)小端祥雄 (さちお)小端佐智男 (さちお)
小端幸大 (さちお)小端幸朗 (さちお)小端佐知生 (さちお)
小端倖生 (さちお)小端福夫 (さちお)小端幸佳 (さちか)
小端幸加 (さちか)小端幸華 (さちか)小端幸香 (さちか)
小端幸香 (さちか)小端幸華 (さちか)小端幸佳 (さちか)
ランダムメモ: 小池慶子さんという人がいたとすると、その人は逆さまから読んでも同じです!!!
小端倖花 (さちか)小端咲千果 (さちか)小端幸子 (さちこ)
小端佐知子 (さちこ)小端さちこ (さちこ)小端さち子 (さちこ)
小端サチコ (さちこ)小端サチ子 (さちこ)小端久子 (さちこ)
小端幸仔 (さちこ)小端幸子 (さちこ)小端幸代 (さちこ)
小端幸智子 (さちこ)小端幸娘 (さちこ)小端佐ち子 (さちこ)
小端佐千子 (さちこ)小端佐知子 (さちこ)小端佐智子 (さちこ)
小端佐致子 (さちこ)小端左千子 (さちこ)小端左知子 (さちこ)
ランダムメモ:  賢明なA型女性は、A型男性をいち早くみぬい て、うまくコントロールすることが肝心。A型男 性は秘密主義者が多く、浮気も計画的ですから、 決してその緻密な行動に惑わされないことです。
小端左智子 (さちこ)小端左秩子 (さちこ)小端沙千子 (さちこ)
小端沙智子 (さちこ)小端砂智子 (さちこ)小端砂稚子 (さちこ)
小端彩知子 (さちこ)小端才智子 (さちこ)小端咲千子 (さちこ)
小端咲知子 (さちこ)小端咲智子 (さちこ)小端作千子 (さちこ)
小端三智子 (さちこ)小端紗千子 (さちこ)小端紗智子 (さちこ)
小端小智子 (さちこ)小端尚子 (さちこ)小端祥子 (さちこ)
小端早千子 (さちこ)小端早知子 (さちこ)小端早智子 (さちこ)
ランダムメモ: 9という数は、特殊な才能を持ち、芸術、教育、宗教などの分野では光り輝きます。
小端禎子 (さちこ)小端祐子 (さちこ)小端早智子 (さちこ)
小端佐智子 (さちこ)小端佐致子 (さちこ)小端佐チ子 (さちこ)
小端サチ子 (さちこ)小端紗千子 (さちこ)小端小智子 (さちこ)
小端紗知子 (さちこ)小端砂智子 (さちこ)小端沙知子 (さちこ)
小端幸智子 (さちこ)小端早知子 (さちこ)小端紗智子 (さちこ)
小端作千子 (さちこ)小端沙智子 (さちこ)小端左秩子 (さちこ)
小端佐千子 (さちこ)小端倖子 (さちこ)小端幸仔 (さちこ)
ランダムメモ: 石川遼について占ってみました→コラム:石川遼
小端久子 (さちこ)小端左千子 (さちこ)小端砂稚子 (さちこ)
小端彩知子 (さちこ)小端尚子 (さちこ)小端幸路 (さちじ)
小端幸人 (さちと)小端倖斗 (さちと)小端佐千冬 (さちと)
小端佐千那 (さちな)小端佐知菜 (さちな)小端祥奈 (さちな)
小端倖奈 (さちな)小端沙知菜 (さちな)小端幸乃 (さちの)
小端佐智乃 (さちの)小端幸彦 (さちひこ)小端佐知彦 (さちひこ)
小端幸人 (さちひと)小端幸弘 (さちひろ)小端幸宏 (さちひろ)
ランダムメモ: 外格は、総格から人格を引いた画数です。
小端さちほ (さちほ)小端幸保 (さちほ)小端幸穂 (さちほ)
小端佐知帆 (さちほ)小端砂千帆 (さちほ)小端祥保 (さちほ)
小端祥穂 (さちほ)小端早知歩 (さちほ)小端祐穂 (さちほ)
小端祥穂 (さちほ)小端祥帆 (さちほ)小端幸歩 (さちほ)
小端咲智穂 (さちほ)小端祥帆 (さちほ)小端さちみ (さちみ)
小端さち美 (さちみ)小端幸実 (さちみ)小端幸美 (さちみ)
小端祥美 (さちみ)小端幸美 (さちみ)小端さち美 (さちみ)
ランダムメモ: 総格は、天格と地格の合計数です。人生の終末、老後の安定度を見る重要なところです。この総格が凶数だと、たとえ中年期が良運でも、アクシデントに見舞われて短命に終わったりします。
小端彩千也 (さちや)小端祥矢 (さちや)小端さちよ (さちよ)
小端さち代 (さちよ)小端悟代 (さちよ)小端倖代 (さちよ)
小端幸世 (さちよ)小端幸代 (さちよ)小端佐千世 (さちよ)
小端佐千代 (さちよ)小端佐知代 (さちよ)小端佐智代 (さちよ)
小端左千代 (さちよ)小端沙知代 (さちよ)小端沙智代 (さちよ)
小端咲千代 (さちよ)小端紗知代 (さちよ)小端祥世 (さちよ)
小端祥代 (さちよ)小端早千世 (さちよ)小端早智代 (さちよ)
ランダムメモ: 陰陽配合は、姓名のすべての漢字が偶数のみまたは奇数のみの場合で、多くの流派で凶とされます。
小端登志子 (さちよ)小端祐代 (さちよ)小端幸代 (さちよ)
小端紗知代 (さちよ)小端紗千代 (さちよ)小端沙智代 (さちよ)
小端沙知代 (さちよ)小端佐知代 (さちよ)小端咲千代 (さちよ)
小端佐智代 (さちよ)小端佐千代 (さちよ)小端祥代 (さちよ)
小端倖代 (さちよ)小端登志子 (さちよ)小端佐千世 (さちよ)
小端幸世 (さちよ)小端佐智世 (さちよ)小端祥郎 (さちろう)
小端佐都 (さつ)小端沙津 (さつ)小端佐都 (さつ)
ランダムメモ: 数字のみで姓名ができている人として「一 一一(はじめ かずひと)」「一二三 四五六(ひふみ よごろく)」「百百 百百(どど ももひゃく)」という人が実在したそうです。
小端さつゑ (さつえ)小端さつゑ (さつえ)小端さつき (さつき)
小端咲月 (さつき)小端皐月 (さつき)小端さつき (さつき)
小端さつ希 (さつき)小端五月 (さつき)小端佐月 (さつき)
小端佐津紀 (さつき)小端沙月 (さつき)小端咲月 (さつき)
小端咲津季 (さつき)小端皐 (さつき)小端皐紀 (さつき)
小端皐月 (さつき)小端爽月 (さつき)小端早月 (さつき)
小端早土希 (さつき)小端颯希 (さつき)小端皐紀 (さつき)
ランダムメモ: 1875年の「苗字必称令」で、自分の苗字を好きなように定めることが出来ましたが、江戸時代に既に苗字が持っていた人々の大部分はそのままの苗字を名乗りました。現在の苗字の総数は30万といわれています。
小端彩月 (さつき)小端紗月 (さつき)小端颯樹 (さつき)
小端冴月 (さつき)小端小月 (さつき)小端五月男 (さつきお)
小端さつ子 (さつこ)小端サツ子 (さつこ)小端佐津子 (さつこ)
小端沙津子 (さつこ)小端沙都子 (さつこ)小端砂津子 (さつこ)
小端札子 (さつこ)小端紗津子 (さつこ)小端颯子 (さつこ)
小端さつ子 (さつこ)小端サツ子 (さつこ)小端沙都子 (さつこ)
小端沙津子 (さつこ)小端佐津子 (さつこ)小端颯子 (さつこ)
ランダムメモ: 現在では、氏や姓を名のる人はいません。なぜ由緒ある姓や氏ではなく、苗字が使われるようになったのでしょう。姓は古代の位を表しているだけですし、氏は血族全員の呼び名だったため、一族超えるにしたがって同じ氏の人が増え、どこのだれだか区別がつかなくなってきたからです。
小端札子 (さつこ)小端颯次 (さつじ)小端颯高 (さつたか)
小端紗津寧 (さつね)小端薩乃 (さつの)小端颯矢 (さつや)
小端さと (さと)小端サト (さと)小端郷 (さと)
小端賢 (さと)小端佐登 (さと)小端沙都 (さと)
小端都 (さと)小端里 (さと)小端佐登 (さと)
小端聖 (さと)小端早都 (さと)小端聡明 (さとあき)
小端聖明 (さとあき)小端恵昭 (さとあき)小端怜明 (さとあき)
ランダムメモ: 氏の起源は、千数百年も昔までさかのぼることができますが、そのうちのいくつかは現代まで伝わっています。
小端さとい (さとい)小端慧伊 (さとい)小端さとゑ (さとえ)
小端さと江 (さとえ)小端郷永 (さとえ)小端郷恵 (さとえ)
小端郷枝 (さとえ)小端慧栄 (さとえ)小端聖恵 (さとえ)
小端聡栄 (さとえ)小端聡恵 (さとえ)小端聡江 (さとえ)
小端聡枝 (さとえ)小端知恵 (さとえ)小端智絵 (さとえ)
小端智恵 (さとえ)小端智江 (さとえ)小端智枝 (さとえ)
小端敏恵 (さとえ)小端敏江 (さとえ)小端里衣 (さとえ)
ランダムメモ: 氏の起源は、千数百年も昔までさかのぼることができますが、そのうちのいくつかは現代まで伝わっています。
小端里絵 (さとえ)小端里恵 (さとえ)小端里江 (さとえ)
小端里枝 (さとえ)小端怜愛 (さとえ)小端怜恵 (さとえ)
小端智恵 (さとえ)小端里絵 (さとえ)小端聡江 (さとえ)
小端怜恵 (さとえ)小端敏恵 (さとえ)小端郷恵 (さとえ)
小端里恵 (さとえ)小端知恵 (さとえ)小端賢恵 (さとえ)
小端敏香 (さとか)小端利花 (さとか)小端吏可 (さとか)
小端里佳 (さとか)小端里香 (さとか)小端咲都花 (さとか)
ランダムメモ: 伊藤さんの姓名判断はこちら→伊藤
小端里果 (さとか)小端慧樹 (さとき)小端悟希 (さとき)
小端聖輝 (さとき)小端聡樹 (さとき)小端聡子 (さとこ)
小端さとこ (さとこ)小端さと子 (さとこ)小端サト子 (さとこ)
小端叡子 (さとこ)小端覚湖 (さとこ)小端覚子 (さとこ)
小端学子 (さとこ)小端郷子 (さとこ)小端訓子 (さとこ)
小端慧胡 (さとこ)小端慧子 (さとこ)小端賢子 (さとこ)
小端悟子 (さとこ)小端佐渡子 (さとこ)小端佐登子 (さとこ)
ランダムメモ: 落語の「寿限無」に出てくる名前は、「寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の、水行末 雲来末 風来末、食う寝る処に住む処、やぶら小路の藪柑子、パイポパイポ パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの、長久命の長助」です。長いですよね〜!
小端佐都子 (さとこ)小端佐冬子 (さとこ)小端沙戸子 (さとこ)
小端沙斗子 (さとこ)小端沙都子 (さとこ)小端識子 (さとこ)
小端紗斗子 (さとこ)小端紗登子 (さとこ)小端紗到子 (さとこ)
小端小都子 (さとこ)小端捷子 (さとこ)小端仁子 (さとこ)
小端聖子 (さとこ)小端誠子 (さとこ)小端早杜子 (さとこ)
小端早都子 (さとこ)小端聡子 (さとこ)小端達子 (さとこ)
小端耽子 (さとこ)小端知子 (さとこ)小端智子 (さとこ)
ランダムメモ: 画数が同じ人が同じ運勢を辿るわけではありません。姓名判断は万能ではありません。参考にとどめるようにすることをお勧めします。
小端哲子 (さとこ)小端都子 (さとこ)小端敏子 (さとこ)
小端諭子 (さとこ)小端理子 (さとこ)小端里湖 (さとこ)
小端里子 (さとこ)小端怜瑚 (さとこ)小端怜子 (さとこ)
小端聰子 (さとこ)小端哲子 (さとこ)小端智子 (さとこ)
小端悟子 (さとこ)小端聖子 (さとこ)小端紗登子 (さとこ)
小端サト子 (さとこ)小端佐登子 (さとこ)小端郷子 (さとこ)
小端沙都子 (さとこ)小端学子 (さとこ)小端沙戸子 (さとこ)
ランダムメモ: 地格は幼年期の運勢をあらわし、性格や、才能、金運、適職、性的傾向に関与します。
小端佐都子 (さとこ)小端早都子 (さとこ)小端早杜子 (さとこ)
小端敏子 (さとこ)小端達子 (さとこ)小端捷子 (さとこ)
小端慧子 (さとこ)小端叡子 (さとこ)小端理子 (さとこ)
小端諭子 (さとこ)小端仁子 (さとこ)小端耽子 (さとこ)
小端咲都子 (さとこ)小端聡 (さとし)小端智 (さとし)
小端智史 (さとし)小端諭 (さとし)小端哲史 (さとし)
小端暁 (さとし)小端慧 (さとし)小端敬 (さとし)
ランダムメモ: 1から9までの1桁の数を。単数”といいます。単数には、それぞれ個性があり、陰と陽に分かれます。
小端悟司 (さとし)小端智司 (さとし)小端怜 (さとし)
小端愉司 (さとし)小端里司 (さとし)小端里史 (さとし)
小端佐敏 (さとし)小端聖志 (さとし)小端訓 (さとし)
小端佐俊 (さとし)小端悟 (さとし)小端聰 (さとし)
小端聡司 (さとし)小端敏司 (さとし)小端恵司 (さとし)
小端佐年 (さとし)小端論 (さとし)小端里至 (さとし)
小端里 (さとし)小端理 (さとし)小端敏史 (さとし)
ランダムメモ: 姓名判断を信じない人も、画数があまりに悪い名前を子供につけることは避けた方が賢明でしょう。ただ、姓名判断を気にしすぎる必要もないでしょう。
小端智志 (さとし)小端智士 (さとし)小端達志 (さとし)
小端聡志 (さとし)小端聡史 (さとし)小端誠史 (さとし)
小端悟志 (さとし)小端賢 (さとし)小端覚志 (さとし)
小端覚 (さとし)小端悟史 (さとし)小端さとし (さとし)
小端識史 (さとし)小端諭史 (さとし)小端聡士 (さとし)
小端里志 (さとし)小端敏志 (さとし)小端暁史 (さとし)
小端郷史 (さとし)小端学史 (さとし)小端仁那 (さとな)
ランダムメモ: 六壬(りくじん)姓名判断は、中国太古から伝わる奥義占術とされた六壬神課を応用した占いです。六壬神課の歴史は紀元前からとも言われており、大変古い占いです。
小端智菜 (さとな)小端里奈 (さとな)小端沙登峯 (さとね)
小端さとの (さとの)小端サトノ (さとの)小端聖乃 (さとの)
小端怜乃 (さとの)小端早斗野 (さとの)小端聡乃 (さとの)
小端慧紀 (さとのり)小端怜典 (さとのり)小端聡紘 (さとひろ)
小端智史 (さとふみ)小端智郁 (さとふみ)小端賢穂 (さとほ)
小端聡保 (さとほ)小端里穂 (さとほ)小端里美 (さとみ)
小端聡美 (さとみ)小端さとみ (さとみ)小端さと実 (さとみ)
ランダムメモ: 明治末期から大正にかけて名を成した画家で、小室翠雲という人がいましたが、「スイウン」の発音が衰運に通じるた心、縁起をかつぐ人や投機家は翠雲画伯の絵を敬遠しました。一方、同時代の寺崎広業画伯は業を広める″とは縁起がよいとばかり、だれにでも喜ばれました。
小端さと美 (さとみ)小端叡美 (さとみ)小端覚実 (さとみ)
小端郷美 (さとみ)小端郷弥 (さとみ)小端恵規 (さとみ)
小端恵生 (さとみ)小端恵美 (さとみ)小端慧美 (さとみ)
小端賢実 (さとみ)小端賢美 (さとみ)小端悟美 (さとみ)
小端公美 (さとみ)小端佐登美 (さとみ)小端佐土美 (さとみ)
小端佐富 (さとみ)小端左斗美 (さとみ)小端差土三 (さとみ)
小端沙都子 (さとみ)小端沙都美 (さとみ)小端沙透美 (さとみ)
ランダムメモ: 山下さんの姓名判断はこちら→山下
小端彩斗美 (さとみ)小端紗都実 (さとみ)小端仁美 (さとみ)
小端聖実 (さとみ)小端聖美 (さとみ)小端総美 (さとみ)
小端聡己 (さとみ)小端聡実 (さとみ)小端聡美 (さとみ)
小端聡未 (さとみ)小端知見 (さとみ)小端知美 (さとみ)
小端智実 (さとみ)小端智美 (さとみ)小端哲美 (さとみ)
小端諭美 (さとみ)小端理実 (さとみ)小端理美 (さとみ)
小端里見 (さとみ)小端里好 (さとみ)小端里実 (さとみ)
ランダムメモ: 人口に対して十分な数のサンプルを得ることが困難なため、姓名判断を統計により実施することは困難という議論がなされることがあります。人口が多いとサンプル数も多くする必要があるという議論は実際には誤りです。サンプルに偏りがなければ、母集団に対して非常に少ないサンプル数でも意味のある調査が可能であることは統計学の教えるところです。(姓名判断の研究が偏りのないサンプルを元に行われているかどうかはさておき・・・)
小端里朱 (さとみ)小端里深 (さとみ)小端里美 (さとみ)
小端里未 (さとみ)小端里巳 (さとみ)小端怜未 (さとみ)
小端論深 (さとみ)小端曉見 (さとみ)小端里見 (さとみ)
小端佐富 (さとみ)小端聖美 (さとみ)小端聖実 (さとみ)
小端智美 (さとみ)小端恵美 (さとみ)小端里実 (さとみ)
小端佐登美 (さとみ)小端恵生 (さとみ)小端さと美 (さとみ)
小端捷美 (さとみ)小端悟美 (さとみ)小端叡美 (さとみ)
ランダムメモ: 名前を構成している文字の一画一画には、それぞれ異なった性質の数理の霊導力があり、初心者の方でもいとも簡単に姓名のよし悪しを知ることができます。
小端理美 (さとみ)小端沙都子 (さとみ)小端里巳 (さとみ)
小端慧実 (さとみ)小端里未 (さとみ)小端里視 (さとみ)
小端聡未 (さとみ)小端聡実 (さとみ)小端恵規 (さとみ)
小端鋭巳 (さとみ)小端覚鑑 (さとみ)小端覚鑑 (さとみ)
小端冴冬美 (さとみ)小端早都美 (さとみ)小端哲武 (さとむ)
小端諭務 (さとむ)小端悟矢 (さとや)小端里也 (さとや)
小端聰之 (さとゆき)小端里幸 (さとゆき)小端賢之 (さとゆき)
ランダムメモ: 渡辺さんの姓名判断はこちら→渡辺
小端理世 (さとよ)小端理代 (さとよ)小端里与 (さとよ)
小端里与 (さとよ)小端哲世 (さとよ)小端鋭代 (さとよ)
小端哲世 (さとよ)小端聡能 (さとよし)小端悟理 (さとり)


小端さんの苗字(小端姓)の由来・ルーツについて:


名前が「さ」で始まる有名人:
小島三児  俳優   東京都
はせさん治  声優   東京都
大堀早苗  歌手   東京都
明坂聡美  声優   埼玉県
北林早苗  女優   東京都
後藤沙緒里  声優   神奈川県
西田佐知子  歌手   大阪府
塩見三省  俳優   京都府
大久保了  俳優   茨城県
玉川砂記子  声優   東京都  
金子さやか  女優   東京都
高田早苗  女優   大阪府
小林沙苗  声優   静岡県
石川さゆり  歌手   熊本県
皆川猿時  俳優   福島県
斉藤さくら  女優   東京都
時任三郎  俳優   東京都
中島早貴  歌手   埼玉県  《℃-ute (キュート)》
石毛佐和  声優   千葉県
村上聡美  女優   大阪府
森幸子  女優   千葉県
伊丹幸雄  歌手   福井県
土屋さゆり  歌手   東京都  元 《DALI》
山口紗弥加  女優   福岡県
安藤サクラ  女優   東京都
立石沙千加  歌手   長崎県  元 《AI-SACHI》
山岡さくら  歌手   群馬県  《さくらと一郎》
河崎早春  女優   東京都
鈴木早智子  歌手、タレント   東京都  元 《Wink (ウインク)》
松浦佐知子  女優   福岡県




twitterでの名前占いに関するつぶやきは以下です:
名前ランキング2010-2012new
ラッキーブログパーツnew
姓名神社(名づけツール)
新字・旧字について
熊崎健翁について
リンク
命名用のアイディア
twitter bot
名前ランキング2009
名前ランキング2010
コラム:石川遼
読むのが難しい名前について
アメリカ人が読みにくい名前



このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS2.0 Add to Google
話題の人の名前をチェック:
前田敦子
檀れい
宮崎あおい
高岡蒼甫
水野美紀
大島優子
平野綾
小野恵令奈
及川光博
河原雅彦
川澄奈穂美
三城晃子

※姓名の分割処理を誤る場合があります。

話題の人過去ログ



メンズエステ